新あかがねシネマ「陽光桜」

 




2018年2月のあかがねシネマは「陽光桜」を上映。

『武士の一分(いちぶん)』など多数の作品に出演してきた笹野高史が初主演を果たした胸を打つ人間ドラマ。教え子たちを戦地に送った後悔から、陽光桜を生み出した高岡正明氏の人生を基に、知られざる偉人の生きざまを刻み付ける。息子を『新・極道の紋章』シリーズなどの的場浩司が演じ、笹野の長男ささの翔太が若き日の主人公を好演。戦死した教え子たちの慰霊と平和への思いを込めた、主人公の新種の桜に対する執念に感じ入る。

あらすじ
1974年、愛媛県川内町(現在の東温市)の山里で、変わり者の主・高岡正明と妻艶子、長男正堂は暮らしていた。家業の造園や農業を営む跡取り息子の正堂は、三十路を過ぎて恵子と見合い結婚する。一方父の正明は、家の仕事を全て息子に任せ切りで、日々趣味の桜作りに明け暮れており……。

出演 笹野高史 風祭ゆき 的場浩司 宮本真希 津川雅彦 ほか
監督・脚本 高橋玄

 

イベントインフォメーション

開催日 2月15日(木)
時間 13:30-
料金 ドリンク付き500円
ランチ付き1,000円
自由席
販売:あかがねミュージアム
会場 あかがね座(多目的ホール)
お問い合わせ あかがねミュージアム
電話 0897-31-0305