大阪市立美術館所蔵 住友コレクションの近代日本画 −関西邦画展覧会回顧−

 

20160312_住友コレクションomote2

20160312_住友コレクションura2

大阪市立美術館が所蔵する住友コレクションの近代日本画は、1943(昭和18)年に企画・開催された「関西邦画展覧会」へ出品されるために描かれた作品群です。関西邦画展覧会は、住友本社の後押しにより開催が計画されたもので、当時の関西における日本画壇の重鎮20名を選んで競作を依頼した展覧会でした。
このたび新居浜市美術館では、別子銅山の開坑以来「住友の聖地」と呼ばれる地に新たに誕生した美術館として、大阪市立美術館が所蔵する住友コレクションの近代日本画の優品15点を展示いたします。

[出品予定作品]
上村松園《晩秋》、北野恒富《夜桜》、小野竹喬《秋陽》ほか


[日時]
2016年3月12日(土)~4月17日(日)
9:30-17:00

[会場]
あかがねミュージアム 展示室1

[観覧料]
無料

[休館日]
毎週月曜日
月曜日が祝日の場合は、その翌日以降の休日でない日

イベントインフォメーション

開催日 3月12日(土)~4月17日(日)
時間 9:30-17:00
料金 無料
会場 展示室1
お問い合わせ 新居浜市美術館
電話 0897-65-3580