戯曲を読む会『ゴドーを待ちながら』終了!

あかがねミュージアムにて戯曲を読む会『ゴドーを待ちながら』終了しました。
今回は翻訳を担当された早稲田の演劇博物館館長・岡室美奈子さんがおこしくださいました。
戯曲を読んだ後、岡室さんによるプチ講座も。ベケットの生い立ちや、ゴドーの新訳をされた裏話など伺いました。
この新訳が出版される前に宮沢章夫さんが演出されたリーディング公演をされています。

参加者の皆さんからも不条理劇に対する率直な感想や質問が出てきましたが、
岡室さんの丁寧な解説が行われ非常に有意義な時間となりました。

戯曲を読む会は2016年にスタートし今回で14回目。
新居浜で戯曲を読む会続けて良かったと思える回になりました。
参加者の皆さん、そして岡室さんありがとうございました。
今回の様子は後日ハートネットワークのニュースにて放送予定です。

次回は、新年度4月12日金曜日・オイスターズ平塚直隆さんの短編戯曲を二本『イオン』・『鹿』を読みます。
戯曲購入希望の方、まとめて劇団さんに注文します。
締め切りは少し伸ばして3月12日までに12時までに
yamamoto@akaganemuseum.jpまでご連絡ください。お待ちしています。

事業担当・山本清文