【美術館】福岡県立美術館・宗像市・新居浜市美術館連携事業 没後50年 中村研一展

 



福岡県立美術館・宗像市・新居浜市美術館連携事業
没後50年 中村研一展

光と影を生きた画家。
このたび新居浜市美術館では、当地ゆかりの洋画家中村研一(明治28年~昭和42年)の没後50年の節目にあたり、「没後50年 中村研一展」を開催いたします。
中村研一は、福岡県宗像市の出身ですが、父啓二郎が住友の鉱山技師であったことから、幼少期の夏休みは新居浜でも過ごし、福岡県立中学修猷館時代のスケッチ等も残っています。また、作家となってからも新居浜を訪れ、風景画や新居浜を舞台とした作品(日暮別邸)を描いています。東京美術学校を卒業後、フランス留学を経て、帝展で受賞を重ね、戦後の日展に至るまで審査員を歴任する等、昭和期の官展洋画の中心人物として活躍しました。また、画家として盛期を迎えたとも言われる戦時中は、従軍して描いた幾多の戦争画、軍の委嘱を受け、戦艦大和の士官室を飾った作品等も残しています。
本展では、幼少期の作品から、滞欧作、初期官展で評価を得た陶芸作品まで、その画業を6章で構成しご紹介します。福岡県立美術館、宗像市、新居浜市美術館という作家ゆかりの地が連携して、実に45年ぶりの開催となった展覧会を是非ご覧ください。
なお、本展は、中村研一と関わりの深い住友グループ各社の特別協賛を受けて開催するものです。

会期|平成30年4月28日(土)−6月10日(日)

お問い合わせ|
新居浜市美術館
TEL 0897-65-3580

詳しくは新居浜市美術館のホームページをご覧ください
http://ncma-niihama.info
(当ホームページ「HOME」にあるリンクバナー「新居浜市美術館」
または「現在開催中の展覧会はこちら」から移動できます)

主  催| 新居浜市美術館
共  催| 愛媛新聞社、あかがねミュージアム運営グループ
後  援| NHK松山放送局、南海放送、テレビ愛媛、あいテレビ、愛媛朝日テレビ、ハートネットワーク
特別協賛| 住友金属鉱山株式会社別子事業所、住友化学株式会社愛媛工場、住友重機械工業株式会社愛媛製造所、住友共同電力株式会社、住友林業株式会社新居浜事業所、三井住友建設株式会社四国支店、住友化学愛媛社友会
共同企画| 福岡県立美術館、宗像市